Hack Kids

Info

お知らせ

プログラム内容(1day)
サムネイル

1dayのプログラミング体験イベントに参加すると、具体的にどのような体験ができるのか、詳しくご紹介します!


2daysの紹介はこちら:プログラム内容(2days)

プログラムの種類

Hack Kidsでは、2種類のプログラムを用意しています。

項目実施時間内容対象年齢
2days 9:00〜16:00 × 2日間(計14時間) Scratchで作品作り+発表会 小学4年生〜6年生
1day 2.5時間 × 2回 Ozobotを使用したロボットプログラミング 小学3年生〜6年生

2daysは個人ワークが多めで、2日間じっくりと時間をかけて、自由に作品作りをしながらプログラミングの基礎を学びます。
1dayはグループワーク中心で、みんなで楽しくワイワイ学べます。


こちらのページでは、1dayのプログラム内容についてご紹介します。

プログラム内容

Ozobot(オゾボット)とは

プログラミング学習用に作られた、直径3cmほどの小さなロボットです。 マジックで引いた線の上を走らせたり、色を読み込ませることで動きをコントロールしたりすることで、 視覚的・体感的にプログラミングの概念を学びます。

1day_ozobotとは
(1)概念を学ぶ:「プログラミングって何?」

プログラミングを始める前に、まず「プログラミングとは何か」「プログラミングでどのようなことができるようになるのか」という説明を受けます。

1dayプログラミングって何?
(2)まずはOzobotに慣れよう:「レッスン」

まずは黒い線の上を走らせたり、色シールで動きをコントロールしたりしながら、Ozobotの扱い方に慣れていきます。

1dayレッスン
(3)プログラミングで鬼退治!?:「オゾ太郎」

Ozobotの使い方がわかったら、次は桃太郎の物語に見立てた「オゾ太郎」というストーリーに沿って、より難易度の高い問題にチャレンジします。

1day_ozo太郎
(4)パソコンでプログラミング:「OzoBlockly」

紙と色シールを使ってOzobotを制御することに慣れてきたら、ここからいよいよパソコンを使ってプログラミングです!
OzoBlockly(オゾブロックリー)というOzobot専用のツール上で、命令ブロックを組み立てていきます。
それをOzobotに読み込ませて、動きをコントロールする練習を行います。

1day_ozoblockly
(5)MISSION:「星をあつめて地球に帰還せよ」

練習が完了したら、次はミッションに挑戦!赤い星を1つ通って、中央にある地球を目指すという内容です。

1day星をあつめて地球に帰還せよ

選んだ星や線の引き方などによってプログラムする内容が変わってくるので、答えは1人1人違ってきます。
何度も失敗を繰り返しながら、地球にたどり着くための角度を計算し、クリアを目指します。

(6)みんなで力を合わせて:「Ozobotでレッツダンス!」

命令が書かれた"ダンスカード"を1人1枚引き、グループ内で話し合って、好きな順番に組み立てます。
カードの命令通りにOzoblocklyでプログラムを組んだら、音楽に合わせてみんなで同時にOzobotをダンスさせます。

1dayダンス

ダンスの動きが気に入らなかったときは、カードの順番を変えたり、改造したりしながら、納得がいくまでチャレンジします。

以上が、1dayプログラムの内容です。

プログラム終了時には、「Ozobotが欲しい!」と保護者の方におねだりしている子も・・・!
2daysに比べると自由度は低く、Hack Kidsが用意したオリジナル教材を進めていく形にはなりますが、その中でもトライアンドエラーを繰り返し、試行錯誤しながらプログラミング体験ができます。