Hack Kids

Info

お知らせ

2019/8/17 Hack Kids in 大仙を開催しました!

2019/8/17 Hack Kids in 大仙を開催しました!

8月17日(土)、秋田県大仙市の神岡農村環境改善センターにて「Hack Kids in 大仙」を開催しました。

秋田県での開催は今回が初めて!
2部制のイベントで、総勢28名の子どもたちが参加してくれました。


★Ozobotプログラム スケジュール

※Ozobotプログラムとは...
 Ozobot(オゾボット)という直径3cmほどの小さなロボットを使用して、
 プログラミングの概念を視覚的・体感的に学ぶプログラムです。


Ozobotでプログラミングを学ぶ子どもたちの様子をご紹介します!


みんなで自己紹介!

今回参加してくれたのは、大仙市内の小学校に通う3年生〜6年生です。
まずはグループ内で自己紹介をして、一緒に学ぶ友だちやチューター(子どもたちの学びをサポートするヤフースタッフ)と
話しながら少しずつ仲良くなっていきます。


プログラミングってなに?

Ozobotを動かす前に、「プログラミングってなんだろう」「どんなところで使われているのかな」という説明を聞きました。
これでプログラミングのことをバッチリ理解できました!


Ozobotを色でコントロールしよう!

いよいよ、小さなロボットのOzobotをプログラミングします。
まずは色で命令が書かれたシールを使って、Ozobotをゴールまで動かす問題に挑戦!
グループの友だちとも教えあいながら問題を解いていきます。


星集めゲームでプログラミング!

Ozobotの操作に慣れてきたら、次はiPadでプログラミングをして、Ozobotを地球まで動かすゲームに挑みます。



Ozobotが予想外の動きをするときもありましたが、プログラムを直しながら地球を目指していきます。
無事にOzobotが地球へ到着した時は大盛り上がり!
子どもたちは自分のプログラムが完成した達成感を味わっていました。


みんなでOzobotダンス!

プログラミングの命令ブロックが書かれたカードを組み合わせて、グループ内でOzobotのダンスを作ります。
命令ブロックの順番を変えたりしながら、みんなで素敵なダンスを踊れるように工夫していました。




教室を出るときには、いっぱいの笑顔で帰っていった子どもたち。
Ozobotを通してプログラミングの楽しさに気づき、これからもプログラミングを続けてくれるとうれしいです。

今後のイベントレポートも、お楽しみに!


Hack Kidsでは、今後も日本全国の子どもたちにプログラミングの楽しさを伝える活動を続けて参ります。
全国の自治体や教育機関などから、イベント開催依頼も受け付けておりますので、
開催をご希望の方は、お問い合わせページよりお申し込みください。